昼前のレモンでカラダからお目覚め。体内時計リセットで難なく減量。

さきほどまでひとりでに疲れたと感じる毎日が続いていました。朝から盛況がなく、深夜寝る前までにはうんざりなのに、とことん眠れない。とことん眠れていないので、早朝は疲れたままで目覚める。という行き詰まりの繰り返しでした。疲労感がある結果活発に運動する気も起きず、ジャンジャン太り気味になってきました。

このままではいけない、と思い習慣の発展をすることにしました。食べ物はオッケーだ。常に規則正しく、テーマや養分の割合にも気を付けていました。活動は最も足りていないので、小気味よい散策を始めることに。途切れると意味がないので、毎日半位の散策に生ずるくらいの気持ちで開始しました。後は安眠。眠れないといった、勢いも出ないし、自律神経も正常に機能しなくなってしまう。眠れないと痩身にも良くないと言われています。分かっていても眠れない。薬やサプリメントに手を出す前に解決したくも、どうしたらよいかわかりませんでした。

その頃耳にしたのが、レモンの働きにあたってだ。午前に大さじ1杯のレモン汁を飲むと体内時計がリセットされ、目覚め仕様になると聞きました。早朝ちゃんと目覚め仕様になる結果、夜は自然と安眠仕様にトライし、無理なく寝付けるそうです。簡単なので当然試してみました。早朝起きたらご飯を食べる前にレモン汁を飲みます。やたら胃が空っぽだと負荷が多そうなので、コップ1杯の水を飲んでからレモンを飲み込むことにしました。まったく酸っぱいのですが、シャキッと人体が覚める感じです。大さじ1杯くらいのレモン汁を絞るためには、大まかレモン半数を使います。飲み物を絞ったら投げ捨てますが、連日にすると最適高だ。勿体ない気がして、ようやっと皮も使いたい。なので、レモンの皮の用途に関して調べてみると、たくさんのボディ効果があることが分かりました。

・体内の毒素を排出する。
・がんプロテクトに効果がある。
・コレステロールを低下する。
・フリーラジカルを除去する。
・痩身に効果がある。

などです。こうした宝物を捨ててはいられない、と思い、レモンの皮は野菜と共にブレンダーに入れて、飲み物にすることにしました。皮の部分には水分が少ないので、飲み物にするには水分の多い野菜でないとダメです。その頃夏季で出回っていていたこともあり、キュウリによって見ることに。キュウリのすりおろし痩身で知られているように、痩身効果のある野菜ですが、自分はキュウリの味わいが嫌いで、こういう痩身に転換出来ませんでした。レモンと共に飲み物にしちゃえば飲めるかも、という望みで試してみるって、まずいと言うから本当に清涼な味わいに出来上がりました。これなら飲めます。

事柄を始めたら大いに真面目に積み重ねる奴で、早朝のレモン汁といったキュウリ飲み物を続けて半年になります。とりわけ下ごしらえがあったのは、むくみが取れたことです。キュウリのカリウムが、体内の余分な水分をうまく排出してくれているのでしょう。顔つきもアクセスもすっぱりしました。

次に実感したことは、人肌の状態が良くなったことです。階級の割にはにきびが行なえ易く、殊に白にきびに悩まされていましたが、こういうにきびもぴったりと出来なくなりました。

後で気が付いたのは、疲れづらくなったことです。心底「疲れた…」と感じることがなくなりました。そのため活動も積極的にできるようになりました。初めのあたりはイヤイヤ出ていた散策も今では楽しみになっています。その結果、夜には感触の良い疲れが出て生じるようになり、連日大まか決まった時間に寝付けるようになれました。徐々にウェイトも落ちてきたので、快くて飲み物も活動も続けています。

因みにレモンはオーガニックのものを使っています。引き続き口にするとなると、農薬や防カビ剤がふりかけられた皮の面が心配からです。お店では入手しがたいので、ネットで手配をしています。それほど気になったのが、キュウリのピークだ。夏季の野菜なので冬季は値段も高額。今度の冬場は大根も使ってみようかな、としています。無論大根の痩身効果を期待して、がその理由です。毛が細い